入れ歯

ぴったり合って、しっかり機能する入れ歯

ぴったり合って、しっかり機能する入れ歯

入れ歯を使っている人は、全国に1000万人以上いるといわれています。でもその中で「入れ歯に満足している」という人は、どのくらいいるのでしょうか。天然の歯とは違うのだから、少しくらい不具合があっても仕方がないと諦めてはいませんか?

入れ歯の不具合は、「ぐらつく」「外れやすい」「硬いものが噛めない」「噛むと痛みを感じる」など、人によってさまざまです。入れ歯が合わないために息が漏れて、言葉がはっきりと発音できなくなることもあります。

入れ歯の噛み合わせが悪いため、顎が疲れて肩こりや腰痛が起こることがあります。また食べ物がよく噛めないことから、消化不良を起こして便秘や下痢になったり、免疫力が低下して全身疾患にかかりやすくなったりといったケースもあるのです。

お口の形にぴったり合った入れ歯を作るためには、歯科医師、歯科技工士、そして患者さまの連携が必要です。患者さまのご希望をしっかりと聞き、歯科医師が治療方針を立てて、歯科技工士が確かな技術で入れ歯を作るという連係プレーができて、初めてお口に合う入れ歯が完成するのです。

また、患者さまのお口の中のトラブルを解決し、入れ歯が馴染みやすい環境を作ることも大切です。ドライマウス、咬筋の衰え、噛み合わせのズレといったトラブルを、トレーニングやリハピリテーションで改善することで、入れ歯がより使いやすくなるはずです。

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯の違い

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯の違い

入れ歯には、保険内診療で作れる入れ歯と、自費診療で作る入れ歯の2種類があります。自費診療の入れ歯は素材や構造によってさまざまなタイプがあり、それによってかかる費用も違ってきます。

保険内診療の入れ歯は、素材や色などが限られていますし、制作工程も単純化されています。例えば入れ歯を作る際に必要なお口の中の型取りも、保健診療では1回しか認められていません。

保険診療で保証されているのは、必要最低限の治療です。そのためどうしても、すべての患者さまが満足できる治療というわけにはいきません。

しかし当院では、保険診療であっても患者さまお一人お一人に合わせて作ることには変わりはないという思いで、限られた範囲の中で最大限の努力をしております。

保険内診療の入れ歯の特徴
  • 義歯の色や素材などの選択肢が限られている
  • 入れ歯を支える床が厚く、装着感が大きい
  • 熱を使えにくい樹脂製なので、食べ物の温度が伝わりにくい
  • 自費診療の入れ歯にくらべて、強度が低い
  • 場合によっては入れ歯の留め金が見えてしまう
  • 経済的な負担が軽い
自費診療の入れ歯の特徴
  • 義歯の色や素材などの選択肢が多い
  • 入れ歯を支える床が薄いので、装着感が少ない
  • 金属床なら食べ物の温度が解りやすい
  • 保険内診療の入れ歯にくらべて、丈夫で長持ちする
  • 入れ歯の留め金が見えないタイプのものがある
  • 工程が複雑になるため、経済的な負担が大きい

さまざまな入れ歯の種類

入れ歯は、歯肉を模した「床」と呼ばれる部分に、人工歯が並べられたものです。床の材質や形状によって、さまざまな種類に分かれています。その中でも代表的なタイプをご紹介しましょう。

レジン床

歯肉に触れる部分が、プラスチックの一種であるレジンで作られたものです。保険診療で入れ歯を作る場合は、このレジン床の入れ歯になります。

一般的にレジン床は、他の素材と比べると適合性がやや劣ると言われています。しかし安価に作れる上に、ほとんどの症例で使用できるという利点があります。また柔らかい素材のため、簡単に修正がきくというメリットもあります。

反面、柔らかいことはデメリットにも繋がります。ある程度の強度を持たせるためには分厚くする必要があり、そのため違和感が生まれやすいのです。その厚みから、食べ物の温度を感じにくく、しゃべりにくくなります。

また、レジンという素材は吸水性があるため、変色したり臭がついたりするおそれがあります。さらに劣化しやすく割れやすいという特徴もあります。

金属床

金属床は、上あごや舌に触れる部分をチタンなどの金属製にしたものです。金属はプラスチックよりも強度があるので、床を薄くできます。そのため違和感も少なくなります。

金属床は丈夫なため、落としても壊れにくいのもメリットのひとつです。金属製なので、食べ物の温度が伝わりやすいという特徴もあります。

デメリットとしては、調整がしにくいことが挙げられるでしょう。口を大きく開けた時に、金属部分が目立つこともあります。また、金属アレルギーの方は使えません。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

入れ歯は一般的に、残っている健康な歯に「クラスプ」と呼ばれる金属製のバネを引っかけることで固定します。そのクラスプを使わないで固定できるようにしたものが、ノンクラスプデンチャーです。

ノンクラスプデンチャーの素材には、ポリマー樹脂が使われています。柔らかいので、つけていても違和感が少なく、歯肉と同じピンク色なので目立ちません。

従来の入れ歯では、金属のクラスプによって健康な歯にかかる負担も大きいものでした。しかしノンクラスプデンチャーは、柔らかい樹脂で固定するため、残っている歯への負担も軽減できます。

ただし、すべての入れ歯をノンクラスプデンプチャーで作れるわけではありません。お口の状態によっては、作ることができないケースもあります。

柔軟性が高いため、落としても割れることはありませんが、その分、耐久性には劣ります。また、万が一壊れた場合に修理が難しいというデメリットもあります。

当院の入れ歯治療

どんなにぴったり合った入れ歯でも、使っているうちに合わなくなることがあります。お口の中の状態はつねに変化し続けているので、入れ歯にも定期的な調整が必要なのです。

当院では、院内に歯科技工室を併設しています。常勤の歯科技工士は、信頼できる技術を持っていて、院長の歯科治療を永年サポートしてきました。

歯科技工士は入れ歯の制作だけでなく、調整にもその手腕を発揮しています。急な調整や修理にも迅速にお応えしています。

入れ歯が合わないストレスは、できる限り早く解消したいもの。他院で作られた入れ歯であっても、不具合を感じたらぜひご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

患者さまお一人お一人に合わせた治療方針をご提案しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

pagetop