審美治療

笑顔の映える美しい口元を長く保てる審美治療

笑顔の映える美しい口元を長く保てる審美治療

審美治療とは、口元の見た目を美しくする治療です。歯に被せ物をする時に金属ではなく白い素材を使う、歯そのものを白くするといった施術が、審美治療に当たります。

審美治療の効果は、見た目だけではありません。口元がきれいになることで、自分に自信がついてくるなど、心に与える影響も大きいのです。

中でも需要が高いのは、セラミック製の義歯と冠です。金属アレルギーのため、セラミック製の義歯にしたいというご要望も多くなっています。

当院で扱っている被せ物

当院で受けられる審美治療のうち、代表的な被せ物や義歯の素材をご紹介しましょう。

オールセラミック

陶器の一種であるセラミックは、白色で透明感があるため、見た目が美しく治療痕が気になりません。また、表面がなめらかで汚れが付きにくいので、歯周病のリスクも軽減できます。

ただし、セラミックは天然の歯よりも硬いため、周囲の歯を痛めてしまうことがあります。また、柔軟性に欠ける素材なので、衝撃を受けた時に割れやすいというデメリットがあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミックにプラスチックの一種であるレジンを混ぜたものです。「周囲の歯を痛めることがある」というセラミックの欠点を、レジンを混ぜることで解決しています。

ただしセラミックと比べると、色合いが少々劣ります。また、時間が経つと変色してしまうことがあります。

ホワイトニングで笑顔の映える白い歯に

ホワイトニングで笑顔の映える白い歯に

毎日の食事をしていると、食べ物の色が少しずつ歯に染みついて、歯の黄ばみを引き起こします。歯みがきやクリーニングでは落ちない黄ばみを、歯を削らずに落として白くするのがホワイトニングです。

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィス・ホワイトニング」と、自宅で行う「ホーム・ホワイトニング」があります。この2つを組み合わせた「デュアル・ホワイトニング」が最も効果が期待できます。

オフィス・ホワイトニングでは、ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、歯にしみついた黄ばみ色素を分解します。1回の施術は1時間程度で、白くなるまでに何度か来院する必要があります。

ホーム・ホワイトニングではまず、すべての歯にホワイトニング剤を行き渡らせるためのマウスピースを作ります。そこに薬剤を入れて、歯に装着することで、少しずつホワイトニングしていきます。

ホーム・ホワイトニングで使う薬剤は、歯科医院のホワイトニング剤よりもかなり薄めになっています。そのため、ホワイトニングの効果が現れるまでに時間がかかります。

ご予約・お問い合わせ

患者さまお一人お一人に合わせた治療方針をご提案しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

pagetop